水虫は薬で治そう大作戦~足の裏美人になる道のり~

ドクター

原因を調べる

病院

巻き爪になってしまうと、歩く際に痛みが伴いますよね。痛みがあると上手くあるけなくなってしまいます。そういった際は、東京にある病院で診てもらうことができます。また、病院では治療してもらうことができるので悪化することは無いです。

View Detail

足の手入れをする

足の裏

足を綺麗に保っていても、水虫を引き起こしてしまうことがあります。足が痒い、皮が剥けているなどの症状が現れたら水虫を引き起こしているサインの可能性があります。この水虫といった病気は、男性をイメージする方も多いのですが、女性も引き起こしてしまいます。また、若い女性に多く見られており、原因としては様々なことが考えられます。その一つとしては、角質ケアをしていることで肌を逆に傷つけてしまい、そこから菌が侵入してしまい水虫を引き起こしてしまうのです。さらに、水虫の菌は高温多湿な場所を好み増殖しやすくなり、汗っかきの方や良くブーツを履くという方は注意する必要があるのです。この水虫を放置していると、爪水虫を引き起こしてしまいます。爪水虫を引き起こしてしまうと、フットネイルができなくなり、お洒落を楽しむことはできません。そのため、水虫の症状が現れた際は、早めに皮膚科で治療してもらいましょう。

水虫や爪水虫を引き起こした際は、薬で痒みや皮の剥がれなどの症状を抑えることができます。水虫や爪水虫の薬は、皮膚科で処方されたものを使用することができますが、市販でも十分に効果があります。市販の薬となると、含まれる成分は、肌に刺激の多いものではないかと考えてしまいますよね。ですが、薬の中には刺激成分が少ないものも多くあり、自分に合ったものを使用することができます。症状を抑えるだけでなく、殺菌や消臭効果のある薬もあるため、臭いが気になっているという方には最適な薬だといえますよね。

皮膚の病気を治す

ナース

大阪府の城東区には、皮膚科専門の医療機関が多くあります。肌に症状が現れることで病院に通うことができ、状態に合った治療を受けることができます。なにか異常を感じた際は、放置しないですぐに診察を受けましょう。

View Detail

治療を続ける

聴診器

水虫が悪化してしまうと、爪水虫を引き起こしてしまうことがあります。爪水虫は、一度引き起こしてしまうと中々治すことが難しい病気だとされています。ですが、治療を続けていれば症状が悪くなることはありません。

View Detail